読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【薬局薬剤師の記録的巻物】

EBMの実践のため、論文を読み、記録していきます。

腎機能とワルファリン/起立性低血圧のリスク因子/喫煙とCKD

心房細動・抗凝固薬 転倒・骨折 生活習慣

【私的背景】

今回は抄録しか読めないけど気になった論文を。

 

 

①「Warfarin Initiation, Atrial Fibrillation, and Kidney Function: Comparative Effectiveness and Safety of Warfarin in Older Adults With Newly Diagnosed Atrial Fibrillation.」

PMID:27998624

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27998624

 

【PECO】

: 腎機能を測定している、新規に心房細動と診断された66歳以上の患者(カナダ、14892例)

: ワルファリンの開始あり

: 開始なし

: 総死亡・虚血性脳卒中・一過性脳虚血発作の複合アウトカム、大出血による入院または救急受診

 

【チェック項目】

・研究デザイン : 後ろ向きコホート研究

・真のアウトカムか? : 真のアウトカム

 

【結果】

[総死亡・虚血性脳卒中・一過性脳虚血発作]

・eGFR>90→調整ハザード比 0.59(95%信頼区間 0.35~1.01)

・60~89→調整ハザード比 0.61(95%信頼区間 0.54~0.70)

・45~59→調整ハザード比 0.55(95%信頼区間 0.47~0.65)

・30~44→調整ハザード比 0.54(95%信頼区間 0.44~0.67)

・<30→調整ハザード比 0.64(95%信頼区間 0.47~0.87)

[大出血による入院または救急受診]

・eGFR 60~89→調整ハザード比 1.36(95%信頼区間 1.13~1.64)

・その他では有意な差は見られていない

 

【コメント】

大出血について有意なリスク増加が見られているものもあるものの、腎機能低下例でも大出血についてほぼ差は見られていない。

ワルファリン開始から1年以内の追跡であるため長期使用による影響については不明。

腎機能と抗凝固薬に関しては今後調べていきたい。

 

 

②「Alcohol and psychotropic drugs: risk factors for orthostatic hypotension in elderly fallers.」

PMID:24048292

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24048292

→転倒した過去がある、または転倒リスクが高い高齢者を対象とした前向き観察研究。平均年齢80.4±7.4歳。アウトカムは起立性低血圧。

 

・SSRI→オッズ比 2.42(95%信頼区間 1.56~3.75)

・SNRI→オッズ比 5.37(95%信頼区間 1.93~14.97)

・パーキンソン病→オッズ比 2.54(95%信頼区間 1.54~4.19)

・飲酒→オッズ比 2.17(95%信頼区間 1.32~3.56)

・メプロバメート→オッズ比 2.65(95%信頼区間 1.12~6.25)

・Ca拮抗薬→オッズ比 1.79(95%信頼区間 1.16~2.76)

・ARB→オッズ比 0.52(95%信頼区間 0.30~0.91)

 

【コメント】

単施設のデータを用いた観察研究と思われ、一般化は難しいかもしれないが、薬剤に関してはFRIDsとして注意したいものであり、転倒・骨折予防のために投薬時に十分に注意を促す必要があることを再確認した。

 

 

③「Cigarette smoking and chronic kidney disease in the general population: a systematic review and meta-analysis of prospective cohort studies」

Nephrol Dial Transplant gfw452. DOI: https://doi.org/10.1093/ndt/gfw452
Published: 27 February 2017

 

【PECO】

: 15のコホート研究に登録された患者(65064例)

: 喫煙あり

: 喫煙なし

: CKDの発症、末期腎不全の発症

 

【チェック項目】

・研究デザイン : 観察研究のメタ解析

・真のアウトカムか? : 真のアウトカム

 

【結果】

[CKD]

・喫煙あり→相対リスク1.27(95%信頼区間 1.19~1.35)

・喫煙を続けている→相対リスク 1.34(95%信頼区間 1.23~1.47)

・以前喫煙していた→相対リスク 1.15(95%信頼区間 1.08~1.23)

[末期腎不全]

喫煙あり→相対リスク 1.51(95%信頼区間 1.24~1.84)

・喫煙を続けている→相対リスク 1.91(95%信頼区間 1.39~2.64)

・以前喫煙していた→相対リスク 1.44(95%信頼区間 1.00~2.09)

 

【コメント】

喫煙者は非喫煙者と比較するとそもそも健康に対する意識が高くないと考えられ、交絡の可能性は高いのではないかと思われますが、いずれにしろタバコを吸うべきではありませんね、ええ。