読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【薬局薬剤師の記録的巻物】

EBMの実践のため、論文を読み、記録していきます。

DOACは心筋梗塞発症リスクが高いですか?

私的背景】

心房細動は心筋梗塞のリスク因子であることが示唆されているが、抗凝固薬により心筋梗塞の発症リスクに差があるのか、論文を見つけたので読んでみたいと思う。

 

 

「Risk of myocardial infarction in patients with atrial fibrillation using vitamin K antagonists, aspirin or direct acting oral anticoagulants.」

PMID:28326589

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28326589

 

PECO

: 心房細動と診断され、新規にVK拮抗薬・DOAC(リバーロキサバン・ダビガトラン)または低用量アスピリンが新規に処方された急性心筋梗塞の既往のない18歳以上の患者(英国、30146例、平均年齢72.5歳)

: DOACまたは低用量アスピリンの使用

: VK拮抗薬の使用

: 急性心筋梗塞の発症

 

チェック項目

・研究デザイン : 人口ベースのコホート研究

・真のアウトカムか? : 真のアウトカム

・対象集団の代表性は? : 一般診療のデータリンクが使用されており、大きな問題はないように思われる

・交絡因子の調整は? : 性別、BMI、喫煙、飲酒、うっ血性不全、脳血管疾患、冠動脈疾患、末梢動脈疾患、虚血性心疾患、急性または慢性腎不全、肝機能不全または癌、脂質降下薬、降圧薬、抗血小板薬、その他の抗凝固薬、アスピリンの用量、心血管用薬、鎮痛薬、CYP3A4阻害薬、CYP3A4/P-gp誘導薬

・平均追跡期間 : DOAC→0.95年、VK拮抗薬→2.72年、低用量アスピリン→2.86年

 

結果

・DOAC(5.00/1000人年) vs VK拮抗薬(2.90/1000人年)→調整ハザード比 2.11(95%信頼区間 1.08~4.12)、NNH=477人/年

・低用量アスピリン(6.05/1000人年) vs VK拮抗薬(2.90/1000人年)→調整ハザード比 1.91(95%信頼区間 1.45~2.51)、NNH=318人/年

 

感想

これまでに心房細動は心筋梗塞のリスク因子であることが示唆されておりますが¹⁾、ワルファリンの使用が最も急性心筋梗塞のリスクが低いことが示唆されている貴重な報告です。

印象としてはそれほど大きな差ではなく、個人的には心房細動患者にアスピリン単独で使用されることはあまりないかなという点と、他のDOACについては不明である点については注意が必要ですが、やはり抗凝固薬にも一長一短があるという部分は今後も追っていきたいテーマです。

 

1)JAMA Intern Med. 2014 Jan;174(1):107-14. 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24190540