【薬局薬剤師の記録的巻物】

EBMの実践のため、論文を読み、記録していきます。

SGLT-2阻害薬とDPP-4阻害薬ではどちらが良いですか?

【私的背景】

なんだかんだ言っても、SGLT-2阻害薬は気になる奴である。

今回はDPP-4阻害薬と比較されている研究の論文を読んでみたいと思う。

 

「Dapagliflozin Compared to DPP-4 inhibitors is Associated with Lower Risk of Cardiovascular Events and All-cause Mortality in Type 2 Diabetes Patients (CVD-REAL Nordic): a multinational observational study.」

PMID: 28771923

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28771923

 

PECO

: 18歳以上の2型糖尿病患者(40908例、デンマークノルウェイスウェーデン、平均年齢 61歳、女性 40%、心血管疾患 23%、微小血管疾患 15%、心血管疾患予防薬の使用 84%)

: ダパグリフロジンの新規使用

: DPP-4阻害薬の新規使用

: MACE(心筋梗塞・虚血性/出血性脳卒中・心血管死亡)、心不全による入院、総死亡

 

チェック項目

・研究デザイン : コホート研究

・真のアウトカムか? : 真のアウトカム

・対象集団の代表性は? : 各国での全国的なデータが使用されており、大きな問題はないと思われる

・交絡因子の調整は? : 傾向スコアマッチングが行われている。(マッチングされた因子についてはSupplemental Table 3 参照)

・平均追跡期間 : 0.95年間

 

結果

・MACE

E群(1.86/100人年) vs C群(2.34/100人年)→ハザード比 0.79(95%信頼区間 0.67~0.94)P=0.006、NNT=209人/年

心不全による入院

E群(0.99/100人年) vs C群(1.57/100人年)→ハザード比 0.62(95%信頼区間 0.50~0.77)P<0.001、NNT=173人/年

・総死亡

E群(1.03/100人年) vs C群(1.75/100人年)→ハザード比 0.44(95%信頼区間 0.33~0.60)P<0.001、NNT=139人/年

・心房細動

E群(1.48/100人年) vs C群(1.58/100人年)→ハザード比 0.92(95%信頼区間 0.76~1.12)P=0.414

・重症低血糖

E群(0.95/100人年) vs C群(1.01/100人年)→ハザード比 0.94(95%信頼区間 0.74~1.19)P=0.618

 

感想

追跡期間が短いものの、ダパグリフロジンはDPP-4阻害薬と比較して、MACE・心不全による入院・総死亡について有意にリスクを減少させることが示唆されており、EMPA-REG OUTOCOME試験やCANVAS試験からこの辺りは一貫しているように思います。

MACEについて見てみると、心筋梗塞脳卒中・心血管死亡それぞれについては有意な差はみられておらず、やはり利尿薬的な印象を受けます。

BMIや生活習慣等についてはマッチングが行われておらず、詳しい記載もないため患者背景については不明な部分も多いですが、これまでの知見を踏まえると、肥満のある非超高齢患者などでは使用が考慮されても良いのではないかと考えております。

しかし、以前示唆されていた下肢切断リスクが気になるところです。今後の研究も注意深く追っていきたいと思います。

 

関連記事

 

 

 

screamtheyellow.hatenablog.com

降圧薬は何を選択するべきですか?

【私的背景】

前回から引き続き、降圧薬の選択について論文を読んでみたいと思う。

 

 

「First-line drugs for hypertension.」

PMID: 19588327 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19588327

※抄録のみ

 

【PECO】

: 57のランダム化比較試験に参加した58040例(70%以上が血圧> 140/90mmHg)

: チアジド系利尿薬、β遮断薬、Ca拮抗薬、ACE阻害薬、ARB、α遮断薬の使用

: プラセボまたは治療なし

: 死亡、脳卒中、冠動脈疾患、心血管イベント、収縮期/拡張期血圧の低下、副作用による中止

 

【チェック項目】

・研究デザイン : ランダム化比較試験のシステマティックレビュー&メタ解析(コクラン)

・真のアウトカムか? : 真のアウトカム

 

【結果】

①チアジド系利尿薬

・死亡→リスク比 0.89(95%信頼区間 0.83~0.96)

脳卒中→リスク比 0.63(95%信頼区間 0.57~0.71)

・冠動脈疾患→リスク比 0.84(95%信頼区間 0.75~0.95)

※低用量チアジド→リスク比 0.72(95%信頼区間 0.61~0.84)、高用量チアジド→リスク比 1.01(95%信頼区間 0.85~1.20)

・心血管イベント→リスク比 0.70(95%信頼区間 0.66~0.76)

 

②β遮断薬

・死亡→リスク比 0.96(95%信頼区間 0.86~1.07)

脳卒中→リスク比 0.83(95%信頼区間 0.72~0.97)

・冠動脈疾患→リスク比 0.90(95%信頼区間 0.78~1.03)

・心血管イベント→リスク比 0.89(95%信頼区間 0.81~0.98)

 

③ACE阻害薬

・死亡→リスク比 0.83(95%信頼区間 0.72~0.95)

脳卒中→リスク比 0.65(95%信頼区間 0.52~0.82)

・冠動脈疾患→リスク比 0.81(95%信頼区間 0.70~0.94)

・心血管イベント→リスク比 0.76(95%信頼区間 0.67~0.85)

 

④Ca拮抗薬

・死亡→リスク比 0.86(95%信頼区間 0.68~1.09)

脳卒中→リスク比 0.58(95%信頼区間 0.41~0.84)

・冠動脈疾患→リスク比 0.77(95%信頼区間 0.55~1.09)

・心血管イベント→リスク比 0.71(95%信頼区間 0.57~0.87)

 

ARB、α遮断薬

・ランダム化比較試験は見つからなかった

 

【コメント】

やはり降圧薬の第一選択としては、チアジド系利尿薬が考慮されるのが好ましい印象。

かなり古い論文であるため、今ならARBのランダム化比較試験も探せばそれなりに見つかるだろう。また後程調べてみたいと思う。

 

 

以下はこれまでに取り上げた論文を。

 

→64~85歳の高血圧症患者において、ACE阻害薬(エナラプリル)は利尿薬(ヒドロクロロチアジド)と比較して、心血管イベント・全死亡のリスクを減少。

 

 

→高血圧を有する冠動脈疾患と診断された患者において、ARB(カンデサルタン)は他の降圧薬(主にACE阻害薬)と比較して、心血管イベントについて有意な差はみられていない。

 

 

→冠動脈疾患のリスク因子を有する高血圧症患者において、チアジド系利尿薬(クロルタリドン)は、ACE阻害薬(リシノプリル)・Ca拮抗薬(アムロジピン)と比較して、致死性冠動脈疾患・非致死的心筋梗塞について有意な差はみられていない。

 

 

論文を読むほどわからなくなりますね...。

SPRINT試験ではチアジド系利尿薬が第一選択だったことを考えると、個人的には推したくなりますが、チアジド系利尿薬・ACE阻害薬・ARB・Ca拮抗薬では、有効性という部分ではそれほど大きな差はないのかもしれません。