【薬局薬剤師の記録的巻物】

EBMの実践のため、論文を読み、記録していきます。

メトホルミンに追加するなら、ピオグリタゾンとSU薬のどちらが良いですか?

【私的背景】

今回は時間がないので、アブストラクトしか読めないけど気になった論文を一報だけ。

 

「Effects on the incidence of cardiovascular events of the addition of pioglitazone versus sulfonylureas in patients with type 2 diabetes inadequately controlled with metformin (TOSCA.IT): a randomised, multicentre trial」

Published: 13 September 2017

DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S2213-8587(17)30317-0

 

PECO

: メトホルミン(2~3g/日)単独で治療が行われている、50~75歳の2型糖尿病患者(イタリア、3028例)

: ピオグリタゾン(15~45mg)を追加(1535例)

: SU薬(グリベンクラミド 5~15mg、グリメピリド 2~6mg、グリクラジド 30~120mg)を追加(1493例)

: 総死亡・非致死的心筋梗塞・非致死的脳卒中・冠動脈再建術の複合アウトカム

 

チェック項目

・研究デザイン : ランダム化比較試験

・真のアウトカムか? : 真のアウトカム

・一次アウトカムは明確か? : 明確

・ランダム化されているか? : ブロックランダム化が行われている

・盲検化されているか? : PROBE法が行われている

・ITT解析されているか? : mITT解析が行われている

・追跡期間中央値 : 57.3ヶ月(早期中止)

 

結果

ピオグリタゾン群(1.5/100人年) vs SU薬群(1.5/100人年)→ハザード比 0.96(95%信頼区間 0.74~1.26)P=0.79

 

低血糖

ピオグリタゾン群(10%) vs SU薬群(34%)→P<0.0001

※両群で中等度の体重増加が見られた(2kg未満)

心不全、膀胱がん、骨折については有意な差が見られなかった

 

感想

正直なところ、どっちもどっちかという印象です。

ピオグリタゾン群で有意に低血糖のリスクは低いことが示唆されておりますが、それが選択する根拠になるかと言えば微妙...

現時点では、メトホルミンに追加するならまずはDPP-4阻害薬が妥当なところかなと考えております。

SGLT-2阻害薬も今後選択肢には入ってくるかとは思いますが。

 

関連記事

 

 

 

 


薬としての音楽とは?②

【私的背景】

今回は「薬としての音楽」の続きを。

 

過去記事

 

うつ病や不安に対する効果』

音楽は、ドパミンやエンドルフィンを含む体内の化学物質分泌を促進させ、特にモーツァルトの音楽は、ドーパミン作動性神経伝達を促進することが示されているそうです。 更には、快感消失について一貫した成功が見られていると書いてあります。

 

残念ながら引用文献は見つけられませんでしたが、音楽がうつ病を改善させるとするシステマティックレビューやランダム化比較試験を見つけました。

Effects of relaxation interventions on depression and anxiety among older adults: a systematic review. - PubMed - NCBI

Effects of music on depression in older people: a randomised controlled trial. - PubMed - NCBI

Individual music therapy for depression: randomised controlled trial. - PubMed - NCBI

 

落ち込んだ時や疲れた時などに、好きな音楽を聴いて元気が出たというような経験は誰にでもあるかと思いますが、音楽にはうつ病や不安を改善させる可能性があることが示唆されております。

この辺りはやはり、詳しく調べてみると仕事に活用できるかもしれません。

 

文中では「モーツアルトの音楽」と書かれておりますが、ここでようやくメタルの出番ではないでしょうか。

メロイックサインを掲げ、激しいリズムに合わせて頭を振っていれば不安など全て吹き飛びます。

ある研究では、メタルミュージックのファンは一般人口と比較して、不安や抑うつが同程度またはより低いことが示唆されております。

Metal music and mental health in France. - PubMed - NCBI

落ち込んだ時などは、皆さんメタルを聴きましょう。

 

 

『痛みに対する効果』

音楽は慢性疼痛管理に対する重要なツールとなり得る。

穏やかでゆっくりとした音楽が、眼科・泌尿器科、婦人科、心臓および外科の領域を含む疼痛スコアの改善や鎮痛剤の使用減少およびバイタルサインを改善させ、コルチゾールや血糖値も下げるそうです。

 

こちらは引用文献も見つけました。

Effect of music on power, pain, depression and disability. - PubMed - NCBI

その他に、コクランレビューでも痛みを改善させる効果が示されており、

Music for pain relief. - PubMed - NCBI

また、線維筋痛症患者の痛みについても改善することが示唆されてります。

Effects of music on pain in patients with fibromyalgia. - PubMed - NCBI

 

実際に各論文を読んでみると、それほど大きな効果は期待できないようにも思いますが、補助的に音楽を使用するという手もあるのではないかと思います。

痛みに関しては、メタルを聴けば一時的に痛みは吹き飛びますが、その後首の痛みに悩まされることになるのでオススメできません。

 

 

『社会的な健康』

音楽への積極的な関りはIQを高め、言語・知的発達・知覚的認知などへ影響を高める可能性があり、楽器を学び演奏することは、達成感を生み出し、自己主義・自己規律・社会性およびチームワークのスキルを養うとのことです。

 

こちらも引用文献を見つけました。

The psychological functions of music listening. - PubMed - NCBI

原著を読むと、音楽を聴く理由としては、自己認識・覚醒・感情制御が多いとのことです。やはり、音楽は精神面に大きく関わるものである印象です。

 

 

これまでの情報を踏まえると、音楽はそれほど大きな効果は期待できないかもしれませんが、補助的に使用するとか、プラセボ的に使用するのは有りかなという印象です。

特に、高齢者ほど音楽が必要である可能性があるというのは非常に重要な示唆であるようにも思います。

音楽の活用について、ちょっと本気で模索してみようかなと思います。