読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【薬局薬剤師の記録的巻物】

EBMの実践のため、論文を読み、記録していきます。

Ca拮抗薬は胃食道逆流症状と関連しますか?

私的背景】

Ca拮抗薬は下部食道括約筋の圧を低下させ、胃食道逆流症状を悪化させるとされているが、Ca拮抗薬が胃食道逆流症状と関連するのか、現象について見てみたいと思う。

 

 

「Do calcium antagonists contribute to gastro-oesophageal reflux disease and concomitant noncardiac chest pain?」

PMID:17298478

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17298478

 

PECO

: 虚血性心疾患の既往または硝酸薬の使用のない、高血圧症の治療のためにCa拮抗薬が処方されている患者(371例、平均年齢64.9歳、女性51.2%)

: Ca拮抗薬の使用前

: Ca拮抗薬の使用後

: 胃食道逆流症状

 

チェック項目

・研究デザイン : 後ろ向きコホート研究

・真のアウトカムか? : 真のアウトカムと言える

・対象集団の代表性は? : 西オーストラリアの14の地域薬局と1つの病院で患者を募っており、一般化は難しいかもしれない

・交絡因子の調整は? : 年齢、性別、併存疾患、併用薬について調整されている

 

結果

①Ca拮抗薬使用前に胃食道逆流症のあった130名の患者のうち、45.8%の患者で症状の悪化がみられた。

・症状の悪化が最も多かったのはアムロジピンであった。[61.3%、P<0.0001]

・症状の悪化が最も少なかったのはジルチアゼムであった。[12.5%、P<0.5000]

②Ca拮抗薬使用前に胃食道逆流症の症状がなかった241名の患者のうち、35.3%の患者で症状の発現がみられた。

・症状の発現が最も多かったのはベラパミルであった。[39.1%、P=0.001]

・症状の発現が最も少なかったのはジルチアゼムであった。[30.7%、P値記載なし]

③ジルチアゼムとの比較

・ニフェジピン→オッズ比 4.03(95%信頼区間 1.10~14.80)

アムロジピン→オッズ比 4.22(95%信頼区間 1.13~15.70)

・フェロジピン→オッズ比 3.58(95%信頼区間 0.98~13.12)

・ベラパミル→オッズ比 1.80(95%信頼区間 0.49~6.67)

 

感想

Ca拮抗薬と胃食道逆流症状の関連について検討されている研究自体が少ないようで、今回はこの研究しか見つけられませんでしたが、Ca拮抗薬と胃食道逆流症状との関連が示唆されているものの、後ろ向きの前後比較であり、症状については患者へのアンケートで集計が行われているため妥当性については疑問が残ります。

質の高い研究であるとは言い難く、少なくともCa拮抗薬と胃食道逆流症状の関連について結論できるものではありません。

とは言え、もともと胃食道逆流症状の既往のあった患者などでCa拮抗薬開始後に症状の再発や増悪がみられた場合などは、Ca拮抗薬の影響も考慮すべきではないかと思います。