読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【薬局薬剤師の記録的巻物】

EBMの実践のため、論文を読み、記録していきます。

NSAIDsの使用は心不全による入院と関連しますか?

 

「Non-steroidal anti-inflammatory drugs and risk of heart failure in four European countries: nested case-control study.」

PMID:27682515

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27682515

 

PECO

: オランダ・イタリア・ドイツ・英国の18歳以上の成人

[症例]NSAIDsの新規使用があり、初めての心不全による入院のあった患者(92163人、平均年齢77歳)

[対照]年齢・性別・コホート研究の登録年でマッチング(92163人、平均年齢76歳)

: NSAIDsの新規使用あり

: 使用なし

: 心不全による入院

 

チェック項目

・研究デザイン : コホート内症例対照研究

・真のアウトカムか? : 真のアウトカム

・対象集団の代表性は? : 一般住民を対象とした医療記録・診療記録のデータベースが使用されており、問題はないと思われる

・交絡因子への配慮は? : 年齢・心筋梗塞・アルコール摂取・喘息・心房細動/粗動・慢性肝疾患・慢性呼吸器疾患・糖尿病・心不全・脂質異常症・高血圧・鉄欠乏性貧血・虚血性心疾患・腎不全・肥満・骨粗鬆症・その他の心血管疾患・関節リウマチ及び炎症性関節炎・喫煙・脳卒中・心臓弁膜症及び心内膜炎・ACE阻害薬/ARB・抗血小板薬・アスピリン・β遮断薬・Ca拮抗薬・強心配糖体・CYP2C9誘導薬・CYP2C9阻害薬・利尿薬・ステロイド・硝酸薬・血小板凝集阻害薬・血管拡張薬

・暴露の定義は? : コホートの追跡期間中に受け取った全てのNSAIDs(23の従来のNSAIDs及び4つの選択的COX-2阻害薬)

Current→アウトカム発生より14日前以内にNSAIDsを使用、Recent→15~183日前まで使用、Past→その他

 

結果

・Current vs Past→オッズ比1.19(95%信頼区間1.17~1.22)

・Recent vs Past→オッズ比1.00(95%信頼区間0.99~1.02)

 

※薬剤別(日本で承認されているもののみ)

・インドメタシン→オッズ比1.51(95%信頼区間1.33~1.71)

・スリンダク→オッズ比1.32(95%信頼区間0.79~2.21)

・ピロキシカム→オッズ比1.27(95%信頼区間1.19~1.35)

・アセメタシン→オッズ比1.21(95%信頼区間0.73~2.02)

・ジクロフェナク→オッズ比1.19(95%信頼区間1.15~1.24)

・イブプロフェン→オッズ比1.18(95%信頼区間1.12~1.23)

・ナプロキセン→オッズ比1.16(95%信頼区間1.07~1.27)

・チアプロフェン酸→オッズ比1.07(95%信頼区間0.55~2.09)

・ロルノキシカム→オッズ比1.06(95%信頼区間0.80~1.41)

・ケトプロフェン→オッズ比1.03(95%信頼区間0.96~1.11)

・メロキシカム→オッズ比1.02(95%信頼区間0.94~1.11)

・プログルメタシン→オッズ比1.01(95%信頼区間0.61~1.67)

・フルルビプロフェン→オッズ比0.97(95%信頼区間0.68~1.40)

・セレコキシブ→オッズ比0.96(95%信頼区間0.90~1.02)

・エトドラク→オッズ比0.87(95%信頼区間0.63~1.19)

・オキサプロジンン→オッズ比0.82(95%信頼区間0.57~1.19)

 

感想

オッズ比で見ると大きなリスクではないようにも感じますが、NSAIDsの使用と心不全による入院の関連が示唆されております。

薬剤別では有意差があるものやないもの様々ですが、95%信頼区間が広くβエラーの可能性があるものについては注意が必要です。

 

漫然と使用されることも多いですが、特に高齢で心不全の既往のある患者に対するNSAIDsの使用や継続については十分に警戒すべきであると思います。

とは言えこの研究だけで判断するのは難しい印象ですが、その他にもNSAIDsの使用と心不全について検討されている研究がいくつかありました。

今回はリンクだけ貼りますが、こちらはまた後日改めて読んでみたいと思います。

 

Non-steroidal anti-inflammatory drugs and risk of heart failure exacerbation: A systematic review and meta-analysis. - PubMed - NCBI

 

Non-steroidal anti-inflammatory drugs and cardiac failure: meta-analyses of observational studies and randomised controlled trials. - PubMed - NCBI

 

Retrospective cohort study of association of NSAIDS exposure and outcome of acute decompensated congestive heart failure. - PubMed - NCBI

 

Use of non-steroidal anti-inflammatory drugs and risk of incident myocardial infarction and heart failure, and all-cause mortality in the Australia... - PubMed - NCBI

 

Increased mortality and cardiovascular morbidity associated with use of nonsteroidal anti-inflammatory drugs in chronic heart failure. - PubMed - NCBI

 

Selective COX-2 inhibitors, NSAIDs and congestive heart failure: differences between new and recurrent cases. - PubMed - NCBI

 

Non-steroidal anti-inflammatory drugs and risk of first hospital admission for heart failure in the general population. - PubMed - NCBI

 

Differences in outcomes of patients with congestive heart failure prescribed celecoxib, rofecoxib, or non-steroidal anti-inflammatory drugs: popula... - PubMed - NCBI

 

Cyclo-oxygenase-2 inhibitors versus non-selective non-steroidal anti-inflammatory drugs and congestive heart failure outcomes in elderly patients: ... - PubMed - NCBI

 

Association of outpatient utilisation of non-steroidal anti-inflammatory drugs and hospitalised heart failure in the entire Swedish population. - PubMed - NCBI

 

犬と猫どっちが好き?!そんなの選べない!そんなあなたに犬猫ラブラブgif画像♡15選 :: PECO(ペコ)

 

 

 

 

 

ああ、最後のは関係ないやつですね。