読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【薬局薬剤師の記録的巻物】

EBMの実践のため、論文を読み、記録していきます。

高齢者の血圧管理は厳格に行った方が良い?

「Target blood pressure for treatment of isolated systolic hypertension in the elderly: valsartan in elderly isolated systolic hypertension study.」
PMID: 20530299 


PECO

P : 収縮期血圧>160mmHg、拡張期血圧<90mmHgの70~84歳の日本人(3260人)
E : 収縮期血圧<140mmHgを目標にバルサルタン40mg/日又は80mg/日を投与→厳格群
C : 収縮期血圧140~149mmHgを目標にバルサルタン40mg/日又は80mg/日を投与→緩徐群
O : 心血管イベント(突然死・致死性又は非致死性脳卒中・致死性又は非致死性心筋梗塞・心不全による死亡・その他の心血管死・心血管疾患による予期せぬ入院・腎障害)

※除外基準→二次性高血圧又は悪性高血圧・座位収縮期血圧≧200mmHg・座位拡張期血圧≧90mmHg・6か月以内における脳血管障害又は心筋梗塞の既往・6か月以内の冠動脈形成術歴又は今後6か月以内の施行予定・重度心不全・重度の大動脈狭窄又は弁膜症・心房細動又は心房粗動又は重篤な不整脈・腎機能障害・重篤な肝機能障害

チェック項目

・研究デザイン : ランダム化比較試験
・真のアウトカムか? : 真のアウトカム
・一次アウトカムは明確か? : 明確
・ランダム化されているか? : されている
・盲検化されているか? : PROBEが行われている
・ITT解析されているか? : されている
・追跡率 : 94.4%
・追跡期間中央値 : 3.07年
・患者背景 : 平均年齢76.1歳、特に気になるような偏りは見られない


結果

厳格群(10.6人/1000人・年) vs 緩徐群(12.2人/1000人・年)→ハザード比0.89(95%信頼区間0.60-1.31)、P=0.383

複合エンドポイントを構成する各要素も全て有意差なし。

感想

高齢者の血圧の厳格な管理は臨床転帰を改善させないことが示された。ただし、除外基準である心筋梗塞の既往や重度心不全・心房細動等々心血管イベントリスクのより高い患者にはそのまま適応するのは適切ではないと思う。